友の会読書サークルBooks

本の紹介「葉の裏で冬を生きぬくチョウ」

「葉の裏で冬を生きぬくチョウ ウラギンシジミ10年の観察」高柳芳恵著、偕成社、1999年9月、ISBN4-03-634660-1、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20070628】
●「葉の裏で冬を生きぬくチョウ」高柳芳恵著、偕成社

 1987年12月20日、昔ながらの多摩丘陵のおもかげを残す黒川の谷戸で蝶たちの冬越しの姿を探した日、その時がウラギンシジミとの出会いの始まり。「なぜ葉の裏で冬をすごすのか?」という疑問から始まり、家の近所で見つけた累計350匹のウラギンシジミが教えてくれた総和がこの本の成り立ちなのですが・・・。
 寄り添って生きることが<みる視点>を磨き、記録し続けることで、昨日解けなかった謎が明日はその糸口をもたらしてくれることを知っている著者に`観察する神様`が降りてくる。葉っぱに残された4つの小さな爪痕に「いのちを見続けることがわたしの研究」と語るくだりでは思わず脱帽。いのちが繰り広げる工夫の数々が著者の新発見として披露されています。その一つ一つはぜひこの本をひもといてご自分で確かめられることをお薦めします。

 お薦め度:★★★★  対象:観察者の方法と序説、の洗礼を受けたい人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]