友の会読書サークルBooks

本の紹介「ハキリアリ」

「ハキリアリ  農業を営む奇跡の生物」 E・O・ウィルソン&バート・ヘルドブラー著、飛鳥新社、2012年4月、ISBN978-4-86410-160-8、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【岩坪幸子 20120618】
●「ハキリアリ」 E・O・ウィルソン&バート・ヘルドブラー著、飛鳥新社

 テレビの画面でしか見たことのない生き物、熱帯の森で切り取った葉を背負い列をなして移動するハキリアリ、不思議な働き者という印象しかなかったが、何という知恵・組織力 そのすごさに圧倒される。1匹1匹のアリは自分の体の大きさと作りによって決められた役割をひたすら果たそうとするだけだが、女王アリを中心とした巣全体としてはまるで大きな生き物のように超個体として菌類を栽培し、その菌類と共生するという優れもの。ハキリアリのことを多角的に深く研究した論文であるが、読みやすく面白さにぐいぐい引き込まれる。難しい数字は飛ばして読む。たくさん挿入された写真は楽しく理解を助ける。

 お薦め度:★★★★  対象:生き物の不思議に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]