友の会読書サークルBooks

本の紹介「ハエトリグモ」

「ハエトリグモ」池田博明文・秋山あゆ子絵、福音館書店かがくのとも2016年8月号、389円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20161220】
●「ハエトリグモ」池田博明文・秋山あゆ子絵、福音館書店かがくのとも2016年8月号

 ときどき家の中でもお目にかかるハエトリグモ。姿は小さいのでついつい見過ごしてしまうクモである。いったいどんな生活をしているのか、どうしてあんなにピョンピョン跳びはねるのだろうと疑問を持っている人は、この本をどうぞ。簡単な本ではあるがハエトリグモの生活の様子がよく描かれている。ハエトリグモには8つの目があるとか。前には大きな目が二つ、それに頭の上や横にも目が着いている。なるほどこれだけの目を駆使して機敏な動作をしているのかと納得できる。家の中や野外にいるいくつもの種類のハエトリグモを楽しませてくれる。

 お薦め度:★★★  対象:虫に関心のある子ども
[トップページ][本の紹介][会合の記録]