友の会読書サークルBooks

本の紹介「ハダカデバネズミ」

「ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係」吉田重人・岡ノ谷一夫著、岩波科学ライブラリー、2008年11月、ISBN978-4-00-007491-9、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【加納康嗣 20081024】
●「ハダカデバネズミ」吉田重人・岡ノ谷一夫著、岩波科学ライブラリー

 ヤマアラシやカピバラ、モルモットの遠い親戚で、出っ歯、皺くちゃの裸、アフリカ(ケニア、エチオピア、ソマリア)の地下トンネルで暮らす真社会性のネズミ、奇妙奇天烈な珍獣である。40年近く生きる女王もネズミとしては常識はずれ。女王に交尾を強制される2−3頭の王様、トンネルに侵入する唯一の天敵ヘビに身を捧げる兵隊デバ、食料集め・トンネル掘り・子どもの敷き布団を勤める働きデバと、4階級制があり、個体間にも序列がある。さらに複雑な音声信号を持っているとは驚きである。音声コミュニケーションを多用するデバの脳の聴覚構造の研究を通じて、ヒトの言語進化の一端を解き明かすべく、今研究が行われている。好奇心をそそられて、一気に読み進む。

 お薦め度:★★★★  対象:動物が大好きな人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]