友の会読書サークルBooks

本の紹介「Google Earthでみる地球の歴史」

「Google Earthでみる地球の歴史」後藤和久著、岩波科学ライブラリー、2008年10月、ISBN978-4-00-007489-6、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20090227】
●「Google Earthでみる地球の歴史」後藤和久著、岩波科学ライブラリー

 良くも悪くもインターネットの上での様々な試みで私たちを驚かしてくれるGoogle。その中でも、いつでも世界を俯瞰する事のできるGoogle Earthの衝撃は、インターネットのすごさを感じさせるものだった。簡単にはいく事のできない密林も南極も高山も大海原も、数千m数百mの上空から見る事が可能だ。
 本書は上空からしか見る事のできない地球のダイナミックな構造を、Google Earthで見、そして解説をしている。1つの題材を2ページで簡潔に、できるだけ様々な視点から取り上げており、自然科学の入り口を知る上でいいだろう。できれば併せて、同じ場所を地上から見た写真で比べる事ができたなら、私たちが旅行で行ったときに、その大きさを実感できるように思う。

 お薦め度:★★★  対象:簡単に海外など行けない人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]