友の会読書サークルBooks

本の紹介「GoogleEarthで行く火星旅行」

「GoogleEarthで行く火星旅行」後藤和久・小松吾郎著、岩波科学ライブラリー、2012年8月、ISBN978-4-00-029596-3、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20130214】
●「GoogleEarthで行く火星旅行」後藤和久・小松吾郎著、岩波科学ライブラリー

 Google Earthが世に出た時の興奮を覚えているのは私だけではないだろう。何と自分の小さな家も確認できるのだ!その後のGoogle Earthの進歩はものすごく、町内のわき道を横から見れたり、海底、更には月、そして火星まで・・・。本書は今から50年後、火星好きの高校生の5日間の旅行という想定で、最新情報に基づいた火星の地形を紹介している。なにしろ25cm四方が1ピクセルという解像度らしい。この本でも、赤青メガネでマリネリス渓谷などの地形が立体視できるよう工夫されているのがすばらしい。せっかく火星旅行に没入するなら、ある程度火星の地理を覚えておくのがよいだろう。一方で、満員の通勤電車での読書向きではない。Google EarthならぬGoogle Marsの物語でした。

 お薦め度:★★★  対象:火星に行ってみたい人も行ったつもりになるだけでよい人も

[トップページ][本の紹介][会合の記録]