友の会読書サークルBooks

本の紹介「現代によみがえるダーウィン」

「現代によみがえるダーウィン」長谷川眞理子・三中信宏・矢原徹一著、文一総合出版、1999年4月、ISBN4-8299-0120-9、2800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【石田惣 20070223】
●「現代によみがえるダーウィン」長谷川眞理子・三中信宏・矢原徹一著、文一総合出版

 ダーウィンの日本語版著作集を刊行するという企画に先立ち、彼の人物像、研究、そしてその成果を、歴史的背景や現代科学の視点から概説する書。ダーウィンのことならオレ(ワタシ)に語らせろ、という3人の進化オタク(矢原徹一、三中信宏、長谷川眞理子)の鼎談から本書は始まる。次章以降、3人はオタクから進化生物学者という本業に戻り、それぞれの専門分野からダーウィンの業績を再評価する。20世紀の生物学が明らかにしたこと、そして未だ明らかでない問題(例えば中立進化、種概念、性比など)の多くは、ダーウィンが当時の知識に基づいて論理を深め、すでに鋭い洞察を提示していたことが丁寧に説明される。ならば、ダーウィンの著作を一度読んでみたい、と思わせる点で、本書はその目的を十分に果たしている。

 お薦め度:★★★  対象:進化生物学を学びたい人、学び始めた人に。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]