友の会読書サークルBooks

本の紹介「ふしぎなカプセル 鳥のたまご」

「ふしぎなカプセル 鳥のたまご」池内俊雄著・岩崎保宏絵、ポプラ社、2003年12月、ISBN4-591-07942-2、950円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20040422】
●「ふしぎなカプセル 鳥のたまご」池内俊雄著・岩崎保宏絵、ポプラ社

 卵の黄身の色はどうやってつくのか? 鳥にもへその緒がある? 卵の殻の色は何で決まる? そういった謎を解き明かそうと、著者は実験や観察をし考えます。残念ながら、実験も観察も中途半端に終わりますが、それなりに謎の答えは説明してくれます。読んでると未整理で、はがゆい部分もあるけれど、卵を見直させてくれる一冊。
 ニワトリを飼っている人は、いろんな色素を与えて日輪卵を作ってみよう!

 お薦め度:★★  対象:卵を割った事のある人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]