友の会読書サークルBooks

本の紹介「フルーツひとつばなし」

「フルーツひとつばなし おいしい果実たちの「秘密」」田中修著、講談社現代新書、2013年8月、ISBN978-4-06-288222-4、1000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【村山涼二 20140626】
●「フルーツひとつばなし」田中修著、講談社現代新書

 何よりもきれいな写真で食欲をそそる。新宿高野の写真提供とありうなずける。白いイチゴ、6個3万1500円もする種なしビワ、渋皮がむきやすいクリなど最近の品種改良の成果が示されている。ビタミンCが2800mg/100gのアセロラ、目に優しい果実ブルーベリーの効果の理由など興味が持てる。イチゴ、スイカ、メロンなど、野菜か?果物か?について、地図への表記を果樹園かを果樹園か畑を決める必要がある。野菜的果物として畑になっている。柿とこけら落としの関係など、うんちくを語っている。バナナがビタミンB、ビタミンCを多く含んでいるとあるが、ビタミンCは10mg/100gでは必ずしも多いとは言えない。バナナ1本でビタミンCは足りると誤解を与えてはいけない。

 お薦め度:★★★  対象:果物について広く知りたい

[トップページ][本の紹介][会合の記録]