友の会読書サークルBooks

本の紹介「フライドチキンの恐竜学」

「フライドチキンの恐竜学 食卓の骨には進化のナゾがつまっている」盛口満著、ソフトバンククリエイティブ、2008年6月、ISBN978-4-7973-4694-7 、953円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【高田みちよ 20081022】
●「フライドチキンの恐竜学」盛口満著、ソフトバンククリエイティブ

 とにかく絵がかわいい。さすがは団長。漫画チックだけどよくわかる。絵がなくて文章のみだったら、なんのことを言っていることがわからないところがいっぱいありそう。内容はタイトルをかすってはいるものの、フライドチキンから鳥の体を知ることがメインで、恐竜は導入にすぎない。普通のチキンやアヒルからダチョウやペンギンやヒクイドリまで話が進むので、いろいろな鳥の比較が分かって面白い。
 読み終わったらフライドチキンを食べてみたくなるに違いない。もしかしたら○ンタッキーから広告料が取れるんじゃないか。

 お薦め度:★★★  対象:鳥屋、骨屋

【和田岳 20081030】
●「フライドチキンの恐竜学」盛口満著、ソフトバンククリエイティブ

 食卓のフライドチキンの骨から話をはじめて、恐竜の骨に話をもっていくのかなと思うかもしれないが、さにあらず。大雑把に言えば、前半は鳥の骨の話、後半は鳥の分類の話。最近のシブリーの分類が紹介されている一般書は珍しい。全体的には、鳥の骨つながりではあるけど、それ以外に一環したストーリーはなく、とっちらかった印象が強い。後半はフライドチキンも恐竜もどこかへ行ってしまう。
 とまあ、ゲッチョの文章はいまいちだが、ほぼすべてのページで、見開きの左にゲッチョの文章、右に可愛い絵が並んでいる。絵を描いたのは、なにわホネホネ団団長の西澤真樹子氏。この本を買う人の多くはイラストを気に入って買うだろう。読んだ後に残るのも、文章ではなく可愛いイラストの方。貢献度から考えたら、なぜゲッチョの単著なのか疑問である。

 お薦め度:★★  対象:絵を見て気に入った人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]