友の会読書サークルBooks

本の紹介「フィールドの寄生虫学」

「フィールドの寄生虫学 水族寄生虫学の最前線」長沢和也編著、東海大学出版会、2004年1月、ISBN978-4-486-01636-6、2800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20100903】
●「フィールドの寄生虫学」長沢和也編著、東海大学出版会

 寄生虫といえばサナダムシや回虫というイメージだが、この本に出てくる寄生虫は水生生物に特化した寄生虫ばかり。エビ・カニ、貝、魚、クジラやトド、はてはオオサンショウウオや海藻に寄生するものまで様々。寄生虫なんて変わったものを研究するきっかけや研究プロセスなどを解説してくれているので、世の多くの人の「なんでそんなものを研究対象に」という疑問には少しは答える形になっている。
 個別のテーマはさておき、一言でいうなら研究者の寄生虫への溢れる愛を語った本といっても過言ではない。愛があるとグロテスクな寄生虫でもいとおしく思えるのね。

 お薦め度:★★★  対象:研究というものを志したい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]