友の会読書サークルBooks

本の紹介「えながのねぐら」

「えながのねぐら」松原卓二著、東京書籍、2013年12月、ISBN978-4-487-80832-8、1400円+税税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20160612】
●「えながのねぐら」松原卓二著、東京書籍

 「かわいい」の条件は、丸い、小さい、ふわふわ、きれい、白い、つぶらな瞳…。その全ての条件が当てはまるのがエナガ! 確かにエナガはカワイイ! 本書は、そんなエナガ大好きな写真家によるエナガ写真集。タイトルの「ねぐら」から、エナガの生態を愚直に論じているかと思いきや、ひたすら「カワイイ〜!」の連発! エナガの可愛さが理解できない人には「この人、ヘンタイ?大丈夫?」と思われるのではないかと危惧するほどのエナガ愛、いや偏愛に満ち満ちている。巻末に索引があるが、そこに並ぶ検索ワードが秀逸。『モフモフ』なるワードは9ページも該当する。エナガ好きは索引を眺めているだけでニヤついてしまう。こんなにマニアックな内容なんだから、思い切って、もっと“エナガ愛”を前面に押し出したタイトルにすれば良かったのにと思う。『かわいいエナガ −エナガへの愛が抑えきれない男の告白−』なんて、どう?

 お薦め度:★★★★  対象:エナガを愛する全ての人に
[トップページ][本の紹介][会合の記録]