友の会読書サークルBooks

本の紹介「どうしてもダムなんですか?」

「どうしてもダムなんですか? 淀川流域委員会奮闘記」古谷桂信著、岩波書店、2009年11月、ISBN978-4-00-024147-2、1700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20100423】
●「どうしてもダムなんですか?」古谷桂信著、岩波書店

 淀川流域委員会というのは、国が(実際には国土交通省が)設置して委員会だが、河川整備のあり方に本当に学識経験者や地域住民の意見を反映させようとした画期的なもんだったらしい。当初、国土交通省側として淀川流域委員会の設置・運営に人力していた主人公は、やがて本省の反感をかって異動させられる。公務員を退職して、一市民として再び流域委員会に戻ってきて、委員長として国土交通省に立ち向かう主人公。意のままにならない委員会に圧力をかける国家権力。質問に対してもはぐらかすばかりで都合の悪いデータを出さない役人。委員にまぎれこんでいる御用学者。それに論理で立ち向かう主人公。支える仲間達。ちょっとありきたりの設定だが、まるでドラマのよう。
 役人の中にも心ある人はいる。どうしようもない御用学者もいる。市民・研究者vs役人という図式は正しくない。でもまあ、どうしようもない役人もまた少なからずいるのである。そんなとき心ある市民はどう行動すべきか? いろいろ考えさせてくれる。

 お薦め度:★★★★  対象:ダム問題や河川管理の問題に関心のある人、あるいは社会派ドラマのファン

[トップページ][本の紹介][会合の記録]