友の会読書サークルBooks

本の紹介「ドリアン」

「ドリアン 果物の王」塚谷裕一著、中公新書、2006年10月、ISBN4-12-101870-2、980円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釋知恵子 20070223】
●「ドリアン」塚谷裕一著、中公新書

 「生のハンバーグ」、これが ドリアンを初めて食べたときの感想。その時は、完璧な表現と思った。でも、この本を読んで、私がドリアンとの出会いに失敗していたことが分かった。熟して、食べ時のドリアンは濃厚でねっとりと甘いらしい。この味に魅了されている著者は、この本の中で、おいしいドリアンの見分け方や、買い方まで指南してくれる。植物としてのドリアンがどんなものか、日本でのドリアン史まで語ってくれる。この本を読んで、おいしいドリアンを食べていない自分が、とても損しているような気分になった。

 お薦め度:★★★  対象:果物の王ドリアンを知っている人ならだれでも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]