友の会読書サークルBooks

本の紹介「どんぐりの穴のひみつ」

「どんぐりの穴のひみつ」高柳芳恵文・つだかつみ絵、偕成社、2006年9月、ISBN4-03-634730-6、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【長井裕司 20070219】
●「どんぐりの穴のひみつ」高柳芳恵文・つだかつみ絵、偕成社

 これはどんぐりでは無く、どんぐりに穴を開けた虫達のお話である。著者は普通(?)の主婦なのだが、鋭い洞察力と粘り強い観察でどんぐりの穴の謎を解いて行く。正直やられたという感じだ。私もシギゾウムシの幼虫という所までは調べたことはある。しかしそこまでである。著者は一歩進んで「ファーブル昆虫記」にも載っていない産卵方法を発見する。本当に自然の不思議さを感じるとは、こういうことを言うのだろう。

 お薦め度:★★★★  対象:どんぐりは好きだが虫は嫌いという人にぜひ

[トップページ][本の紹介][会合の記録]