友の会読書サークルBooks

本の紹介「毒々生物の奇妙な進化」

「毒々生物の奇妙な進化」クリスティー・ウィルコックス著、文藝春秋社、2017年2月、ISBN978-4-16-390601-0、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20170825】
●「毒々生物の奇妙な進化」クリスティー・ウィルコックス著、文藝春秋社

 原題は「Venomous: How Earth's Deadliest Creatures Mastered Bio-chemistry」。venomousとは、毒を出したり、注入してきたりする動物のこと。この本は、Venomousやその周辺の人々への巡礼の旅の記録であり、出会いの物語でもある。著者は、Venomous研究者でありサイエンスライター、そしてたぶんVenomousオタク。
 カモノハシに始まり、クラゲ、毒ヘビ、サシハリアリ、カサゴ類、トックリガンガゼモドキ、コモドオオトカゲ、ガラガラヘビ、ヒョウモンダコ、イモガイ、エメラルドゴキブリバチ。さまざまな毒を持つ動物が登場する。カモノハシはオス間の闘争用に毒を獲得したおそらく唯一の動物、毒ヘビがヒトの進化に影響? マングースなどはヘビ毒に対する耐性を持っている、などなど興味深い話題も豊富。そして、世の中にはヘビ毒を自らに注射して耐性(快感も?)を得ようとする「自家免疫実践者」という人たちがいるという衝撃の事実…。
 ヒョウモンダコの毒がとても怖いのがよく分かった。今度磯観察に行くときは注意しよう。

 お薦め度:★★★★  対象:フィールドに出ることがある人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]