友の会読書サークルBooks

本の紹介「新図説 動物の起源と進化」

「新図説 動物の起源と進化 書きかえられた系統樹」長谷川政美著、八坂書房、2011年2月、ISBN978-4-89694-971-1、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20110418】
●「新図説 動物の起源と進化」長谷川政美著、八坂書房

 最近の分子系統学の進歩により、従来考えられていた系統がかなり見直されている。いくつも驚くような発見があるが、中でも驚きはクジラの仲間が完全に従来の偶蹄類に取り込まれ、一番近い親戚はカバであること。食虫類が実は遠縁の2系統を含んでいたのもそう。形態の相違はあまり当てにならない。キーワードは収斂。真獣類の進化には大陸移動が大きく関わっている。もちろん、これで解決ではないが、今までの常識が覆されるのは、大変刺激的である。

 お薦め度:★★★★  対象:生物多様性と進化に興味がある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]