友の会読書サークルBooks

本の紹介「ダーウィン以来」

「ダーウィン以来 進化論への招待」スティーヴン・ジェイ・グールド著、ハヤカワ文庫、1995年9月、ISBN978-4-15-050196-9、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20090424】
●「ダーウィン以来」スティーヴン・ジェイ・グールド著、ハヤカワ文庫

 まずこのエッセイがアメリカ自然史博物館の広報誌に1973年4月号から掲載されはじめ、2001年1月号まで連載する野望を持ってはじめられたことへの驚きである。ダーウィンが生涯をかけて進化する世界について名づけた”this view of life"の探求へのもう一つのオマージュであり、30代の若きグールドが自身の自然観・科学観・人間観を繰り出して進化生物学者の今を表出した挑戦の集積ともとれる。
 ダーウィンが20年もの間「進化論」を封印した理由をピーグル号乗船時のフィッツロイ船長との確執から推理する手際は、作家顔負けのスリルに富み、彼の含蓄の深さ慎み深さに脱帽した次第です。古生物学への傾倒が彼の内なる領野を押しひろげたのか、単なる科学的知見の留まらず人々の視野に限りない広がりを与えてくれるエキサイティングな書である。

 お薦め度:★★★★  対象:科学本は苦手という人にも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]