友の会読書サークルBooks

本の紹介「大草原のノネコ母さん」

「大草原のノネコ母さん」伊澤雅子文・平出衛絵、福音館書店たくさんのふしぎ傑作集、2014年4月、ISBN978-4-8340-8081-0、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20140819】
●「大草原のノネコ母さん」伊澤雅子文・平出衛絵、福音館書店たくさんのふしぎ傑作集

 “ノネコ”とは、人の手を離れ自分で餌をとり自由に暮らしているネコのこと。家でペットとして暮らしている飼いネコと同じ『ネコ科イエネコ』だ。ネコの研究者である著者が、オーストラリアの何もない草原で5ヶ月に渡り調査し、ノネコの子育てを中心に紹介している。
 オーストラリアには元々ネコ科の動物はいなかった。今のノネコの祖先は200年ほど前にヨーロッパからの移民たちが連れて来た。殆どが飼いネコ=ペットだったのではないだろうか… そのネコ達がノネコとなり、人の暮らしとは遠く離れた草原でアナウサギをハンティングして子育てをしている。そんなノネコも食料が乏しくなると街へ移動し、飼いネコや野良ネコになって暮らすようになるそうだ。物事がめまぐるしく変わることを例えて“猫の目のよう”というが、ネコは環境や条件によって生き方そのものを上手に変えることができる生物なんだ。
 平出衛さんのイラストもネコたちの躍動感が感じられて楽しい。

 お薦め度:★★★★  対象:猫好きにも、ちょっと猫が苦手な人にも(街にいる猫を見る目が変わるかも?)

[トップページ][本の紹介][会合の記録]