友の会読書サークルBooks

本の紹介「大地の5億年」

「大地の5億年 せめぎあう土と生き物たち」藤井一至著、ヤマケイ新書、2015年11月、ISBN978-4-635-51022-6、900円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20160825】
●「大地の5億年」藤井一至著、ヤマケイ新書

 46歳の地球おばさんが5年前に家庭菜園をはじめて、1年前から働いていた恐竜兄さんが半年前失踪し、10日前生まれたばかりの小人たちが大規模な温室栽培をはじめた。約46億年前の地球誕生、5億年前の土壌誕生を筆者はプロローグでこのように形容する。本書は5億年間の土の成り立ちと、そこに居場所と栄養分を必死で求めてきた植物・動物・人間の試行錯誤の模様を紹介する。土や大地というと命を育む豊かで優しいイメージを抱きがちだが、本書を読んでその厳しさに心打たれた。特にここ100年間の人間活動による急激な変化は目をむくものがある。第4章は「今とこれから」。明日にまく種は私たちの選択次第だ。

 お薦め度:★★★  対象:土は一日にしてならず。その来し方を知りたいひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]