友の会読書サークルBooks

本の紹介「調査されるという迷惑」

「調査されるという迷惑 フィールドに出る前に読んでおく本」宮本常一・安渓遊地著、みずのわ出版、2008年4月、ISBN978-4-944173-54-9、1000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20081226】
●「調査されるという迷惑」宮本常一・安渓遊地著、みずのわ出版

 偉そうにやってきては、好き勝手に振る舞い、あげくは勝手に物を持ち帰って返さない。研究者の中には、こんな非常識な奴がいるらしい。こうした研究者の振る舞いによって、地域が受ける迷惑を宮本常一は調査地被害と名付けた。宮本に敬意を払いつつ、安渓が調査地被害の実情や、自らの調査地、西表島の人々とのつきあいを語った一冊。
 人を人と思わない言動に問題があるのは当たり前ではある。が、どんなに注意しても、調査自体が地元の人に迷惑を与える事はある。どう折り合えばいいのかは難しい問題だが、少なくとも意識しておく必要はある。生物学の研究をする場合でも、単なる自然観察であっても、フィールドに出る前には読んでおいた方がいいかもしれない。

 お薦め度:★★★  対象:アウトドア派の人なら誰でも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]