友の会読書サークルBooks

本の紹介「蝶・サナギの謎」

「蝶・サナギの謎」平賀壮太著、トンボ出版、2007年3月号、ISBN4-88716-158-1、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20070625】
●「蝶・サナギの謎」平賀壮太著、トンボ出版

 アゲハチョウのサナギがなぜ緑色や茶色になるのか?本書は、大学教授を定年退官した著者が中学生の時の謎を50年ぶりに再挑戦し、解明してゆく記録である。ナミアゲハとアオスジアゲハを題材に、自宅の一室を研究光の強さか?方向か?サナギになる場所の色か?等々、様々な実験の結果をまとめ、その進化的な意味を考察する。秩序立った計画により、特別な実験室がなくても簡単な装置で学術的な研究を行うことができることを著者は教えている。

 お薦め度:★★★  対象:身近な謎を解明したい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]