友の会読書サークルBooks

本の紹介「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」

「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」川上和人著、技術評論社、2013年3月、ISBN978-4-7741-5565-4、1880円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20130628】
●「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」川上和人著、技術評論社

 鳥類学者の著者が、「門外漢の身ながら」と謙虚に恐竜学について語り始めるのかと思ったら…。
 恐竜のサイズをガンダムで例えたり、ガメラやチロルチョコやアダムスキー型円盤や峰不二子やドラエモンまで登場させながら恐竜を縦横無尽に語っていくのが何とも愉快! 下段に脚注があるが、この注がまた、半分くらいは冗談で、真面目に読んでると肩透かしを食らう。でも、ついつい全部読んでしまった。ふんだんに挿入されたイラストも洒落ている。
 現存する鳥でも、骨格だけでは、その姿を想像することはできない。著者は、この例から、恐竜の化石を元に、その姿や生態を知ることの難しさ=恐竜学の限界であるとしながらも、この限界こそが恐竜学の魅力になっていると語る。恐竜の研究者は、限られた化石を手がかりに、自らの想像力を総動員して、恐竜の形態や生態を解き明かしていかなければならない。そこに門外漢である鳥類学者が妄想を語れる余地が生まれる可能性があるのだと本書の意図を説明する。
 そうか!T野さんやK端さん、ヒツジさんは、とってもファンタジーな学芸員さんだったんだ!勿論、W田さんも…?!
 本書は「生物ミステリー」という新シリーズらしい。ある分野のテーマについて、少し離れた分野の研究者が語るという企画は面白いかもしれない。次にどんなテーマの本が出てくるか楽しみだ。

 お薦め度:★★★★★  対象:鳥と恐竜好きに、進化に興味のある人に、物事を斜めに見たいヘソ曲がりな人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]