友の会読書サークルBooks

本の紹介「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」

「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」川上和人著、新潮社、2017年4月、ISBN978-4-10-350911-0、1400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20171020】
●「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」川上和人著、新潮社

 ポロンポロンポロン。テンポのよい文章は、まさにそんな感じ。ウソとマコトが入り乱れ、こちらもフンフンフ〜ン、と鼻歌まじりに楽しく読める。内容は、著者の研究フィールドである「島」をめぐる進化の話や外来種の話、鳥類学者の生態や脳内妄想。わたしのお気に入りは、無人島である南硫黄島での調査の章。
 有人島の父島から300km以上の海を漁船で超え、最後の100mは泳いで上陸。崖下(唯一の平坦地)でのキャンプのため、寝る時もヘルメット。夜間調査では無数の小バエが呼吸とともに口と鼻から侵入。鳥を解剖した手を洗おうと海に手をひたすと、石の隙間から飛び出してくるエイリアンの口吻(小型ウツボ)。命をかけた調査から無事帰還し、テレビに映った美しい南硫黄島に吃驚仰天、「これは私の知る島じゃない」。体験に勝るものなし。そして、他人の苦労話を自らは安全な場所に置いた上で読む楽しさ(by『菌世界紀行』)!至福。

 お薦め度:★★★  対象:鳥類学者の友人がいない人、いる人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]