友の会読書サークルBooks

本の紹介「チョウのすきな葉っぱの味」

「チョウのすきな葉っぱの味」奥山多恵子著、福音館書店たくさんのふしぎ2017年3月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【ケンタロウ 20171221】
●「チョウのすきな葉っぱの味」奥山多恵子著、福音館書店たくさんのふしぎ2017年3月号

 チョウの成虫は、しゅるいやきせつによって食べものがさまざまです。チョウがたまごをうみつける葉っぱもそれぞれきまっていて、その植物は「食草」あるいは「食樹」とよばれています。
 では、どのようにして、メスのチョウたちは、自分たちの食草をみつけるのでしょうか。多くのチョウは前足でかんじた味で食草をたしかめて、せいかくに自分の食草をみつけてたまごをうみます。
 ぶじに成虫になれるチョウのたまごは、ごくわずかなので、メスのチョウたちは、何日もかけてせっせとたまごをうむのです。そして、たまごをうみおわったら一生をおえます。
 なんともせつないです。

 お薦め度:★★★★  対象:チョウと食草のせかいをしりたい人に


[トップページ][本の紹介][会合の記録]