友の会読書サークルBooks

本の紹介「地球を突き動かす超巨大火山」

「地球を突き動かす超巨大火山 新しい「地球学」入門」佐野貴司著、講談社ブルーバックス、2015年7月、ISBN978-4-06-257925-4、900円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20151224】
●「地球を突き動かす超巨大火山」佐野貴司著、講談社ブルーバックス

 100以上の火山がある日本では毎年どこかで火山の噴火が起きており、大きなニュースとなっている。でも、遠い昔にはそれらをはるかに凌ぐ、地球規模でのマントル大循環由来の超巨大な火山がいくつ(108?)もあったことがわかってきた。本書では、まずマントルは液体ではなく溶解したマグマはごく一部であることをおさらいし、そのマグマができる場所は@中央海嶺、A沈み込み帯およびBホットスポットの3つであることが丁寧に解説されている。しかし、Aの説明は複雑、難解、わからん!? ああ自分には地学系はついていけんと認識されるに至った(わかる人にはわかると思います)。そして、肝心の超巨大火山(=大規模火成区、LIP)の成因は?実はまだよくわかっていないんだって!? なあーんだ。

 お薦め度:★★  対象:地学系大好きな人、あるいは未解決の科学的課題の研究課程が好きな人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]