友の会読書サークルBooks

本の紹介「小さな骨の動物園」

「小さな骨の動物園」建築・都市ワークショップ+石黒和子編、INAX booklet、2005年12月、ISBN4-87275-834-X、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【釋知恵子 20060212】
●「小さな骨の動物園」建築・都市ワークショップ+石黒和子編、INAX booklet

 ある出来事を思い出した。知人とご飯を食べていた時のこと。魚のカマ焼きを注文し、食べ進んでいると知人が「残りはもらってもいいか」と聞いてきた。その後、彼は身をすみずみまで食べ、骨をなめ、きれいに仕上げた。そして家に飾るんだと満足そうに骨を持ち帰った。あの時ちょっとうらやましかったのだ。その骨のカーブがとても美しかったから。
 この本の中の骨は美しい。個性的で機能的な骨が美しく並んでいて、写真集のように好きなところを広げて読んでいける。「頭骨はユーモラス」「飛ぶ骨・飛ばない骨」「生殖のための骨」などのテーマも、骨を実際にたくさん見て触れてきた人たちだからこそ出せたテーマのように思う。途中のエッセイもほどよい長さで、著者それぞれの骨との関わりと思いがまとめられ、興味深く読んだ。眺めるだけなら、子どもたちも楽しめそう。個人的なお気に入りはオリックスの鼻の奥の骨。レース細工みたいとは、なるほど。

 お薦め度:★★★★  対象:今まで動物の骨に興味のなかった人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]