友の会読書サークルBooks

本の紹介「珍奇な昆虫」

「珍奇な昆虫」山口進著、光文社文庫、2017年2月、ISBN978-4-334-03970-7、1000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【上田梨紗 20170825】
●「珍奇な昆虫」山口進著、光文社文庫

 著者の山口さんは、ジャポニカ学習帳の表紙写真を撮影されていた方だそうです。この本の表紙の、ハナカマキリ(三齢幼虫)の美しさに感動しました。白色と桃色(少し淡い黄色も)の美しい色合い。本当に花のよう。でも、孵化したばかりの一齢幼虫は本能に訴えてくるショッキングカラーをしており、そしてメスの成虫は今までとは比べ物にならないぐらい心配になる色に変わる。この複雑な気持ちを例えるなら、中学校の時派手だった同級生と久しぶりにあったらとても落ち着いていた時(途中、彼氏の影響で清楚になる)のような感覚だ。他にも地球に住む生物の排泄物が1日どれくらいの量だなんて考えたことがなかった私には、タイのゾウさんのフンをフンチュウさんが分解してくれていることを知り、感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。
 他にも世界の色んな虫のスゴイ生態やシュールな写真がでてきて、やっぱり世界はスゴイと思っていたら、最後にでてきた日本の奴隷狩りをするサムライアリが1番スゴかった。甘えん坊とニートが絶対に働きたくないから命懸けで奴隷狩りをする。ぶれない。そしてスゴイ進化だ。本当に?と、疑いたくなる。生まれてから団体行動などしたことない者たちが、素早く規則正しく行動するのは感動より不気味だ。
 ネーミングセンスが素晴らしく、まさに有事の際は命懸けで戦う侍に、にている...かも。
 全ページフルカラー。

 お薦め度:★★★★  対象:昆虫好きな人、昆虫をあれ?かわいいかも?と思いはじめた人、昆虫スゴイぜ!と日々思っている人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]