友の会読書サークルBooks

本の紹介「地球全史」

「地球全史 写真が語る46億年の奇跡」白尾元理写真・清川昌一解説、岩波書店、2012年1月、ISBN978-4-00-006246-6、4400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【西村寿雄 20120824】
●「地球全史」白尾元理写真・清川昌一解説、岩波書店

 近年は、カンブリア紀(5億年前)以前の地球の姿が次々と明らかにされてきた。エディアカラで見つかった化石群、酸素を作り出すストロマトライト、同時に生まれた大量の鉄の層、巨大隕石の衝突跡など、古生代以前の姿が明るみに出てきた。この本は、ほぼ40億年ほど前からの地球の姿を美しい写真で紹介している。
 大型写真集のようなページを1枚1枚めくり、同ページに記されている一言解説を読んでいくだけで、十分に圧倒される。今までは謎に包まれていたカンブリア紀以前の地球の姿から、2011年の男鹿半島の姿まで、次々と目の前に現れる。まさに〈地球全史〉の写真集である。「地質の写真で重要なことのひとつは、その地層の意義がわかるだけではだめで、一般の人でも魅力的と感じる露頭を探し出すことにある。1つのテーマに沿って何カ所も露頭を巡り、ようやく最良の露頭に巡りあって1枚の写真をものにする」という白尾さんの言葉通りの本である。
 後半には少しくわしい解説も添えられている。少し高価であるが、それに見合うだけの本である。

 お薦め度:★★★★  対象:中高生以上、地球の真の姿に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]