友の会読書サークルBooks

本の紹介「地球温暖化の予測は「正しい」か?」

「地球温暖化の予測は「正しい」か? 不確かな未来に科学が挑む」江守正多著、化学同人、2008年11月、ISBN978-4-7598-1320-3、1700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【中条武司 20100903】
●「地球温暖化の予測は「正しい」か?」江守正多著、化学同人

 「100年後には地球の温度は■度上がると予想されます」・・・この数年ニュースなどでよく聞く台詞です。さて、この予測ってどうやって立てられているの?
 よくある温暖化に否定的な本を見ると、地球温暖化って一部の研究者の恣意的な部分が強いのでは、なんて思ったことがあるかもしれません。
 この本は気候変動予測に用いられているパラメータにそのような恣意的な要素が入り込む余地はほとんどないと主張します。具体的にどのようなデータが入力されてデータが導き出されているのか、どの部分がモデルごとの差異を生み出すのか、などなどコンピューターシミュレーションでの気候変動予測のやり方について丁寧に説明されています。全体にもう一押し書いてほしい、という感が否めませんが、温暖化を肯定するも否定するも、ニュース報道に振り回されないためにも読んだ方がいい本かもしれません。

 お薦め度:★★★  対象:温暖化予測ってどういうものか知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]