友の会読書サークルBooks

本の紹介「地球の内部で何が起こっているのか?」

「地球の内部で何が起こっているのか?」平朝彦・徐垣・末広潔・木下肇著、光文社新書、2005年7月、ISBN4-334-03314-8、850円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【中条武司 20060209】
●「地球の内部で何が起こっているのか?」平朝彦・徐垣・末広潔・木下肇著、光文社新書

 過去から現在・未来へとつながる地球のおいたちを知るには海の底の地面のさらに下を知るべし、という深海掘削の必要性やその成果がわかりやすく丁寧な文章で書かれている。日本が中心になって進めるプロジェクトと深海掘削船「ちきゅう」によってわかるだろう地球学の未来を紹介している。
 もっとも、この本は普及書というより、啓発書という感じ。しかも、「ちきゅう」のアピールが前面にばんばん押し出している。多額の税金を投じて進めるプロジェク トを、まだ結果が出ていないうちに本に出すのがいいのか悪いのかその賛否は分かれると思うけど、何も知らないうちによくわからないお金が使われるのよりはいいのかな。

 お薦め度:★★  対象:地球科学の方向性を知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]