友の会読書サークルBooks

本の紹介「地球の発明発見物語」

「地球の発明発見物語」西村寿雄著、近代文藝社、2010年12月、ISBN978-4-7733-7739-2、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【和田岳 20110422】
●「地球の発明発見物語」西村寿雄著、近代文藝社

 大人はまず「あとがき(大人の人に向けて)」から読んだ方がいいだろう。『地球物語』(1949年発行)という地質学の発明発見を物語風に紹介した本。これを、現代風に書き直したとある。あくまでも子ども向けの本であり、大人には物足りなかったり、物語パートは読んでいてちょっと恥ずかしくも懐かしい。
 ピタゴラスから始まり、ダ・ヴィンチ、ビュホン、キュビエ、ライエル、アガシイ、ウェーゲナー。いろいろな地学畑の有名人が登場し、5〜6ページの中に、物語風のやりとりをはさみつつ、その業績が紹介される。後半の研究者の姿が見えない章は、物足りなさが気になるが、前半の人物列伝風のパートは、大人でも思いのほか楽しく読める。いろんな人々の長い営みの中で、現代科学はようやくここまで到達してきたんだなぁ、と改めて考えることができる。

 お薦め度:★★★  対象:化石や科学に興味のある小学生、及び地学が苦手な大人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]