友の会読書サークルBooks

本の紹介「地衣類のふしぎ」

「地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは?」柏谷博之著、ソフトバンククリエイティブ、2009年10月、ISBN978-4-7973-4153-9、953円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【和田岳 20100423】
●「地衣類のふしぎ」柏谷博之著、ソフトバンククリエイティブ

 山に行ったりしたら、木の幹や岩なんかに、堅いコケみたいなへんなものが引っ付いている。あれはコケでもカビでもなくって、あれが地衣類。菌類と藻類の共生体。誰もが見たことがあるけど、誰もよくは知らない謎の生き物、地衣類を紹介した一冊。
 地衣類の正体の説明に始まって、身近な地衣類の紹介、形や暮らし、呈色反応などによる同定、人との関わり、標本の作り方。その他にさまざまな地衣類あるあるが満載。数少ない地衣類のとっつきやすい解説書。聖書に出てくるマナが地衣類だったって知ってた?

 お薦め度:★★★  対象:あの岩とか木の幹とかにへばりついているのは何だろう?と思ったことのある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]