友の会読書サークルBooks

本の紹介「チェンジング・ブルー」

「チェンジング・ブルー 気候変動の謎に迫る」大河内直彦著、岩波現代文庫、2015年1月、ISBN978-4-00-603280-7、1240円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20160821】
●「チェンジング・ブルー」大河内直彦著、岩波現代文庫

 酸素をはじめとした元素の同位体組成は、地球の気候変動を克明に記録している。1950年代以降、この同位体組成を基にした研究により、地球の気候変動(主に数十万年前から現在まで)は次々と明らかになってくる。本書は気候変動を明らかにしてきた科学者を中心に科学史的に話を進めつつ、どのように地球の気候が変動してきたのか、そしてそれがどのように明らかになってきたのかを詳細に述べていく。深い海の底の堆積物や、南極やグリーランドの氷河を対象にした数多くの研究、それに関わる科学者たちの成功と挫折、そして明らかになる過去の気候変動がとてもエキサイティングに語られていく。

 お薦め度:★★★★  対象:過去から未来の気候変動を知るために、多くの人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]