友の会読書サークルBooks

本の紹介「カリブーをさがす旅」

「カリブーをさがす旅」前川貴行著、福音館書店たくさんのふしぎ2014年2月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【森住奈穂 20140626】
●「カリブーをさがす旅」前川貴行著、福音館書店たくさんのふしぎ

 野生動物の写真家である著者が、アラスカに住むカリブー(トナカイ)を探す旅に出た。訪れたのは5月と7月。春から夏にかけて、カリブーは豊かな食べ物を求め北へ数千キロにもわたる大移動をするという。見渡す限り続く荒野には、意外にもさまざまな生きものが暮らしていた。人間も然り。エスキモーはカリブーの肉を食べ、毛皮で暖をとる。狩りや獲物の解体方法は一族の若者へ伝え継がれる。ところどころに雪の残る灰色の5月と、一面の草原となった緑の7月の風景は対照的で、わずか2カ月でこうも姿を変える大地にまず畏敬の念を覚える。そして、そこで生き抜くすべての命にも。

 お薦め度:★★★  対象:風に吹かれ風のにおいを感じたいひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]