友の会読書サークルBooks

本の紹介「カッコウの托卵」

「カッコウの托卵 進化論的だましのテクニック」ニック・デイヴィス著、地人書館、2016年4月、ISBN978-4-8052-0899-1、2800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20161026】
●「カッコウの托卵」ニック・デイヴィス著、地人書館

 本書は、反母性愛の象徴とも思われていたカッコウの非常に興味深い習性である「托卵」について、これ以上にないと思われるほど詳細に記述されている。まず、歴史的にだれがこのような不思議な修正を解き明かしていったのか? アリストテレスは既に托卵を知っており、種痘で有名なジェンナーもその解明に卓越した貢献をしたことなどが語られている。托卵の真実については、本物のカッコウを知らず、都会の駅で偽物の鳴き声を聞かされている者としては、それほど深く考えたことはなかったが、どのようなタイミングでどのような順序で托卵するのか? 宿主はなぜ偽の卵を見破れないのか、なぜ容貌のことなる雛を育てるのか? などなど、実に様々な疑問があり、解決したものもそうでないものも、著者は詳しく解説してくれる。そして、このような習性を持つカッコウはいかにも繁栄しそうだが実は減少している最近の事情についても触れている。このようなカッコウの托卵を解明していった人間の努力もすごい!!

 お薦め度:★★★★  対象:とにかく面白いから、誰でも読んで損はない

[トップページ][本の紹介][会合の記録]