友の会読書サークルBooks

本の紹介「分類思考の世界」

「分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか」三中信宏著、講談社現代新書、2009年9月、ISBN978-4-06-288014-5、840円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【六車恭子 20100226】
●「分類思考の世界」三中信宏著、講談社現代新書

 著者は「生物系統学」の研究者で、いわゆる分類学徒のように専門の生き物を追いかける日々からはほど遠いだろうか。「系統樹思考の世界」につぐ本書はウィリ・へニック学会の年次大会に参加し続けたここ10年来の著者の思念にとりついた、その「種」にまつわる問題に真っ向から挑んだ著者ならではの思考の回路が明文化された意欲作だ。
 この世界を理解するには時空的な変化を切り取る「タテ思考(系統樹思考)」とある時空平面での「断面図」のパターンを論ずる「ヨコ思考(分類思考)」が要石である、とする著者がくりだす系統樹や家系図という「滅びしものたちの墓石譜」ともとれる生物学者たちの知的格闘史がある高みからのぞめる構造をしている。分類するは人の常・・・「分類する者」たちが魅力的に語られた、もう一つの遺跡めぐりともとれる書である。

 お薦め度:★★★★  対象:哲学的思考に興味を持つ人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]