友の会読書サークルBooks

本の紹介「文明を変えた植物たち」

「文明を変えた植物たち」酒井伸雄著、NHK出版、2011年8月、ISBN978-4-14-091183-9、1100円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【萩野哲 20120220】
●「文明を変えた植物たち」酒井伸雄著、NHK出版

 コロンブスやその後に続くヨーロッパ人がアメリカ大陸に到達したときに持ち帰った有用な植物が多数あることはよく知られている。ジャガイモ、トウモロコシ、トウガラシなど、それらの植物は今まで多くの書籍で紹介されている。本書もこれらを含めた6種類の植物を取り上げて紹介しており、今までの書籍との内容の重複も多いけれども、本書では、植物そのものよりも、その植物の伝搬や社会的影響に焦点を当てている。著者がお菓子のメーカーで開発、研究に取り組んでいた経緯から、やはりチョコレートの項に重点を置いているであろうと予想したが、やや健康的に好意な解釈があるのみ、むしろタバコにより好意的な感じが気になる一冊である。

 お薦め度:★★★  対象:社会に影響を与えた植物について知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]