友の会読書サークルBooks

本の紹介「僕らが死体を拾うわけ」

「僕らが死体を拾うわけ 僕と僕らの博物誌」盛口満著、どうぶつ社、1997年6月、4-88622-103-3、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【田中久美子 20031026】
●「僕らが死体を拾うわけ」盛口満著、どうぶつ社

 自然誌の最初のアプローチは、身近な自然をどれだけ自分の中へ取りこめるか。タンポポから始まって、動物の死体拾いに至るまで。手さぐりで授業作りをやってる様が、ライブ感覚で伝わってくる。
 最初、ゲッチョが喜ぶからと死体を拾っていた生徒達が、自分で解剖をし、標本を作り、胃の中身の物を調べて考察し、死因を考える。そうやって一つずつ死体が語る物語りを聞く。死体が「よき先生」となる。
 虫、鳥、植物を題材に、ゲッチョさんと生徒達がいっしょになって作る授業は、本当にうらやましいくらい素敵。下半分がイラストというゲッチョスタイルが又、いい。

 お薦め度:★★★★  対象:中高生から一般まで、自然大好きな人に特におすすめ

[トップページ][本の紹介][会合の記録]