友の会読書サークルBooks

本の紹介「ぼくは猟師になった」

「ぼくは猟師になった」千松信也著、リトルモア、2008年9月、ISBN978-4-89815-244-7、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【高田みちよ 20090127】
●「ぼくは猟師になった」千松信也著、リトルモア

 現在37歳の男性がククリワナ猟師になったいきさつを書いた一冊。第1部が自分の生い立ちと、どうして猟師になろうと思ったか。1970年代に伊丹市という都会で育っていながら、薪で風呂をたいていたというから、かなり珍しい生い立ちである。
 第2部以降が獲物の捕り方、料理の仕方など、現在の猟生活。猟師というと一世代前のおじいちゃんの鉄砲打ちなイメージが普通だと思うが、若くてしかもククリワナでイノシシを狙ったり、網でスズメを捕る猟師というのは珍しい。ビール片手にスズメが来るのをじっと待ち、紐を引っ張ってパタンと網を閉じると一網打尽、というのはなんとも楽しげな猟である。ホネホネ団もびっくりな皮剥ぎ技術をもっているらしく、10分でシカの皮が剥けるそうだ。
 京都府内の山際に住み、裏山でイノシシを狩り、しかも普段は運送業者。ぜひお近づきになりたい。

 お薦め度:★★★★  対象:パックに並んだ以外のお肉に興味のある方

[トップページ][本の紹介][会合の記録]