友の会読書サークルBooks

本の紹介「琵琶湖ハッタミミズ物語」

「琵琶湖ハッタミミズ物語」渡辺弘之著、サンライズ出版、2015年9月、ISBN978-4-88325-579-5、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20160624】
●「琵琶湖ハッタミミズ物語」渡辺弘之著、サンライズ出版

 ハッタミミズ。日本一長いミミズで、ぶら下げたり引っ張ったりすると伸びる。長いものは約1メートル。石川県の八田村で発見され、最初は外来種かと考えられたが福井や滋賀でも生息を確認、日本土着のミミズのようだ。生息域が狭いためか広く知られることはなく、琵琶湖博物館の大物探しイベント「ハッタミミズ・ダービー」など、啓もう活動も行われているが、謎に包まれている。そもそも日本のミミズは500種以上といわれているそうだが、同定が難しいうえに研究者が少ないため未知の領域なのだそうだ。大昔から土を掘り起こしてきた日本人、ミミズとの付き合いも長い。各地各様の呼び名があり、大ミミズ伝説も伝わる。ハッタミミズのみならず、ミミズにはロマンがある!ミミズが気になって仕方なくなってきた。

 お薦め度:★★★★  対象:最近ロマンが足りないな〜と思っているひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]