友の会読書サークルBooks

本の紹介「ビーチコーミング学」

「ビーチコーミング学」池田等著、東京書籍、2005年8月、ISBN4-487-80061-7、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【釋知恵子 20060824】
●「ビーチコーミング学」池田等著、東京書籍

 海に打ち上げられた物を拾い集め、調べたり、それを材料に遊んだりすることをビーチコーミングと呼ぶ。ビーチコーミング歴40年以上、葉山しおさい博物館の館長が著者である。長い年月をかけて著者が拾い集めた物がきれいな写真で並べられ、こんなものが落ちているなら、拾いにいってみようかと思った。集められた物は海が山に、人に、広い世界にそして過去の世界にもつながっていることを教えてくれる。どうしてこれがここに流れ着いたのかと思いを馳せる時間はきっと素敵な時間なのだろう。著者の長い経験と知識を深く伝えるわけではないが、浅くさらりとした紹介で、海にきてみませんかと誘われる、招待状のような本。

 お薦め度:★★★  対象:海で貝殻を拾ったことのある人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]