友の会読書サークルBooks

本の紹介「アオバトのふしぎ」

「アオバトのふしぎ」こまたん著、エッチエスケー、2004年4月、ISBN4-902424-00-2、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【六車恭子 20040416】
●「アオバトのふしぎ」こまたん著、エッチエスケー

 「こまたん」とは生の現象そのもの。照ヶ崎に飛来するアオバトの魅力にとりつかれた「アオバト探険隊」の面々の総称だ。15年もの間人々の興味を繋ぎ、アオバトは終わりのない謎を提供し続ける。
 何故海水を飲むのか?照ヶ崎に飛来するアオバトは何処からやってくるのか?その生息数は?冬に海水を飲まないのは何故?アオバトに関する歴史的文献から、生物地理学的な由来、繁殖生態調査の記録、分布地図といったぐあいに「アオバトのすべて」を求めてこれからもこまたんは貪婪に探究し続けるだろう。平塚博物館の浜口哲一氏の「トコロジスト」の精神はここにも息づいているようだ。対象を愛することこそ人を繋ぎ、物事の本質に迫る本道だということを、教えてくれる。
 
 お薦め度:★★★★  対象:知ることは人も繋げていくことだ、と実感してみたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]