友の会読書サークルBooks

本の紹介「アンティキテラ」

「アンティキテラ 古代ギリシャのコンピュータ」ジョー・マーチャント著、文藝春秋、ISBN978-4-16-371430-1、2009年5月、1900円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【西村寿雄 20111025】
●「アンティキテラ」ジョー・マーチャント著、文藝春秋

 1901年、ギリシヤの小さな島アンティキテラ沖合に沈んでいた難破船から貴重な彫刻や壺とともに、奇妙な機械が見つかった。いくつもの歯車の断片をのぞかせるその機械、はたしてギリシヤの人たちは何に使っていたのだろうか。時計か計算機か天体運行機か、1900年代の科学者の謎解きが続く。やがて、X線技術などから、その機械がより複雑な歯車の組み合わせであることが浮かび上がってきた。複雑なカレンダー・コンピューターか、「食」を予測する機械か。ついにその謎が解き明かされる。古代ギリシヤの崇高な天文学も浮かび上がる。2000年も前の機械の謎が解き明かされるまでの、考古学的、技術的推理が壮大なドラマで描かれている。人間の叡智が堪能できる推理科学読み物である。

 お薦め度:★★★★  対象:古代文明と謎解きに関心のあるみなさん

[トップページ][本の紹介][会合の記録]