友の会読書サークルBooks

本の紹介「アナザー人類興亡史」

「アナザー人類興亡史 人間になれずに消滅した”傍系人類”の系譜」箕金子隆一著、技術評論社、2011年4月、ISBN978-4-7741-4640-9、1580円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【萩野哲 20121012】
●「アナザー人類興亡史」箕金子隆一著、技術評論社

 現生の人類はただ1種類であるが、ここ数十年で多くの化石が発見され、過去には多くの種が存在していたことが明らかになってきた。それに伴い、過去には古い種から新しい種へと、直列で進化してきたと考えられてきた人類が、実は多くの傍系を持っていたことがわかってきた。本書は、現生人類に至る種のみならず、これら傍系にも脚光を当て、平易に解説したものである。今後もまだまだ新しい化石の発見があろうと思われ、本書に書かれた説が覆される可能性もあるが、最新の発見までを網羅しているようで、人類史に興味を持つ人にはよい教科書となっている。

 お薦め度:★★★  対象:現代まで幸運にも生き残った唯一の人種に属する人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]