友の会読書サークルBooks

本の紹介「アマゾンの森と川を行く」

「アマゾンの森と川を行く」高野潤著、中公新書、2008年10月、ISBN978-4-12-101969-1、1000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【釋知恵子 20081226】
●「アマゾンの森と川を行く」高野潤著、中公新書

 アマゾンには、想像を超える生き物の暮らしがある。シカを飲み込む大蛇、蛇も恐れるペッカリー、気の荒いカワウソ、ジャガーやピューマ。本書は、こんな生き物たちと、生身の体で向きあったカメラマンの記録。モーターのついた簡単な船でアマゾンの川を下る。旅を共にするのは、その地の男たち。時に、声帯模写でワニを呼び寄せ、迎えがこないときには、森の材料で船をつくって、なんとかしてくれる。熱帯の病の記録もあったりして、素材的には、おもしろいはずなのに、なかなか入り込めなかった。一つ一つのエピソードが淡白に描かれているから? 一度読んで、写真とキャプションだけ読み返した。こんな読み方でもいいかも。

 お薦め度:★★★  対象:写真が好きな人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]