友の会読書サークルBooks

本の紹介「6度目の大絶滅」

「6度目の大絶滅」エリザベス・コルバート著、NHK出版、2015年3月、ISBN978-4-14-081670-7、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20150619】
●「6度目の大絶滅」エリザベス・コルバート著、NHK出版

 地球は過去に5回生物の絶滅期があったことが分かっている。それらの原因としては、隕石の衝突、火山の噴火、氷河期到来など自然の天変地異があげられている。そして今現在も、生物の大量絶滅のまっただ中にあると著者は言う。さらにその現在進行形の動物絶滅の原因は……人類にあると言う。人類が他の生き物の絶滅に関与しているとはなんという運命だろうか。黄金のカエルに始まって、マストドン、オオウミガラス、スマトラサイの死滅は人類による殺戮が原因という。そういえば第四紀末からの哺乳類大絶滅の原因は人類による捕殺にあると指摘されていた。フデイシ、サンゴなどの海中生物の死滅にも人類が関わっている。大気中の二酸化炭素濃度の増加による海洋の酸性化がその原因という。さらに菌類拡散による小動物絶滅の危機にも人類がかかわっている。推理小説を読むかのように生命大絶滅のシナリオが展開されている。

 お薦め度:★★★  対象:生物の絶滅史に関心のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]