友の会読書サークルBooks

本の紹介「三つの石で地球がわかる」

「三つの石で地球がわかる 岩石がひもとくこの星のなりたち」藤岡換太郎著、講談社ブルーバックス、2017年5月、ISBN978-4-06-502015-9、920円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西本由佳 20170820】
●「三つの石で地球がわかる」藤岡換太郎著、講談社ブルーバックス

 三つの石というのは、かんらん岩、玄武岩、花崗岩のこと。地球の地下70qから2900qくらいを占めるマントルをつくる石がかんらん岩で、地球体積の82.3%にもなる。玄武岩は海洋地殻をつくり、花崗岩は大陸地殻をつくる。ざっくりと、この三つの成り立ちやふるまいを見れば、地球がだいぶんわかりやすくなる、というのがこの本の趣旨。地学の本とかで、火成岩、堆積岩、変成岩と並んでいると、何となくそれらを等価に考えていたけど、三つの石はすべて火成岩。火成岩がそもそものはじまりなのだということが、わかりやすかった。

 お薦め度:★★★  対象:石の名前にわずらわされずに地学を楽しみたい人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]