友の会読書サークルBooks

本の紹介「0.1mmのタイムマシン」

「0.1ミリのタイムマシン 地球の過去と未来が化石から見えてくる」須藤斎著、くもん出版、2008年11月、ISBN978-4-7743-1436-5、1400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20090610】
●「0.1ミリのタイムマシン」須藤斎著、くもん出版

 きれいな幾何学模様からできている珪藻化石。珪藻化石は環境指標や時代決定に非常に有効なだけでなく、突き詰めていくと地球の歴史も紐解く事ができる。著者は普通の珪藻化石だけでなく、“特徴がない”とされる休眠胞子の分類にも手を出し、その数の変化から地球全体の海洋循環まで話は広がる。さらに世界初の北極海での深海掘削への参加と、著者のフィールドはどんどん広がっていく。
 対象読者は小学生高学年から中学生くらいを想定しているのだろうか。しかし、大人が読んでも内容に不足はない。化石といえば恐竜やアンモナイトという大型化石ばかりがもてはやされるが、研究の醍醐味はみための派手さだけではないと実感させられる。

 お薦め度:★★★★  対象:地球の歴史やなぞに迫りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]