友の会読書サークルBooks

本の紹介「生態学入門」

「生態学入門 その歴史と現状批判」奥野良之助著、創元社、2003年11月、ISBN4-8299-2183-8、2500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【六車恭子 20050629】
●「生態学入門」奥野良之助著、創元社

 生物的環境との関係こそが生物の生活にとって主要なもの、かってダーウィンは知っていた。その場所は種がそこを占めようとしのぎをけずって争いあうところだった。ところが公害を環境汚染とよびかえ、無機的環境が生態系に組み込まれ、生物がその主役の座をおわれた。時代時代にあらわれ生態学の理念を変質させた学者の功罪は大きい。槍玉に上がった学者の数はあまたである。
 奥野さんのとなえる「もうひとつの生態学」は「生態学とは生物の生活についての科学である」が根底にある。「自分で稼ぎ、子どもを育て人とつき合っていく。これが人の生活の内容である。その中から生き方が生まれる。生き方は生活に規定されるからである。」生態学は個々人の生き方にかかわっている!衝撃の発見であった。

 お薦め度:★★★  対象:生き方を見つめ直したい人には必読

[トップページ][本の紹介][会合の記録]